外国人が魅力を感じる、スープと麺が主役の日本のラーメン

今や日本でも、昔ながらの醤油味の中華そばや、味噌や塩などのさまざまな味が当たり前のように食べられているラーメンは、本当に美味しいです。 また、つけ麺などラーメンのスタイルも多様化しています。

ずっと、「中華料理だ」と認識していたラーメンは、最近になってよく「日本食だ」と聞くようになりました。 どうやら日本では、日本のラーメンを食べるため「日本食だ」と言われているようです。

日本に旅行経験のある中国、韓国、台湾、香港やアメリカなどの600人を調査したところ、一番美味しかった日本の食事の1位は、ラーメンでした。

中国のラーメンスープにはない、中国の人を惹きつける日本のラーメンスープは、深い味わいのコクと旨みがあり、麺と具を味わう中国のラーメンと大きく違い、多くの外国人がスープと麺が共に主役である日本のラーメンに「美味しかった」と魅力を感じています。

日本に伝わり、日本人の味覚に合うように進化してきた日本のラーメンは、日本を旅行した中国人も食べるまさしく”ジャパニーズラーメン”となり、「日本食になった」と言えます。

多くの外国人をも魅了する、スープと麺が主役の日本食ラーメンを、私はこれからも食べ続けるでしょう。全身脱毛 おすすめ サロン