私は今まで投資していた銘柄の株を売却してもその銘柄の監視をやめるわけではありません

私は今まで投資していた銘柄の株を売却してもその銘柄の監視をやめるわけではありません。なぜならば、そのような銘柄は今まで監視し続けてきたので、その銘柄の「癖」のようなものが透けて見えてくるからです。ですから、高値圏で株価を売却してそれを安値圏で買い戻すこともけっして不可能ではないのです。

もちろん、自分が安値圏だと思ったときの株式を購入してもそれがスムーズに上がることばかりではありません。

しかし、市場全体の株価が下げてかつその株が安値圏にあるときは大抵株価は安値であることが多いのです。

私は市場で毎日のようにあわただしく株式の売買を行なうトレーダではなくのんびりとした売買で資産形成を考えているサラリーマン投資家なので株価の値動きはエキサイティングなものよりもマイルドな銘柄を取り引きしています。

ただ、最近は日経平均株価は上昇しているにもかかわらず、私の監視銘柄が安値にあるので私にとっては非常にやりにくい状態です。脇毛 脱毛